lecture:prog2:wsl2cc

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
lecture:prog2:wsl2cc [2020/09/10 17:04]
sano 作成
lecture:prog2:wsl2cc [2020/09/11 21:25] (現在)
sano
行 1: 行 1:
 ====== Windows10 WSL2 のC言語開発環境 ====== ====== Windows10 WSL2 のC言語開発環境 ======
-macOS は Linux開発の元となった Unix系の流れを汲んでいるため、大きな手間なく Linuxライクな開発環境を準備することができます。 
  
-==== 1. タミナの起動 ==== +==== build-essential パッケージをインストール ==== 
-macOS 標準のコマンドラインベスのインターフェイである**タミナ.app** を起動します。+//apt install// コマンドで、build-essential パッケジをインスールします。
  
-{{ mac-terminal.png }}+  sudo apt install build-essential
  
-==== 2開発環境のインストール ==== +{{ wsl2cc.png }}
-起動したターミナル上で以下のコマンドを入力すると、自動的に開発環境のダウンロードとインストールが始まります。 +
- +
-  xcode-select --install+
  
 // //
-もし、すでにインストール済みの場合は、以下のようなエラーが出ますが気にしない。 
-{{ mac-xcode.png }} 
- 
 ターミナル上で//cc//コマンド(C言語コンパイラです)を入力し、 ターミナル上で//cc//コマンド(C言語コンパイラです)を入力し、
  
   cc   cc
  
 +//
 以下のように「エラー:入力ファイルがありません」と言われたら準備完了です。 以下のように「エラー:入力ファイルがありません」と言われたら準備完了です。
-   + 
-  clang: error: no input files+{{ wsl2cc2.png }} 
 + 
 +==== (おまけ)簡単なC言語のプログラミングソースをコンパイルしてみる ==== 
 +Ubuntu Linux に最初から入っている **nano** というテキストエディタで、試しに簡単にCコードを書いてコンパイルしてみましょう。ただし、実際の演習では、Visual Studio Code などのより高機能なエディタを使うことをお勧めします。 
 + 
 +編集したいファイル名を指定して nano を実行します。 
 + 
 +  nano hello.c 
 + 
 +\\ 
 +nano が起動したら、適当なCのソースコードを入力してみましょう。 
 +{{ nano.png }} 
 + 
 +\\ 
 +Ctr-O(コントロールキー + O)でファイルに書き込みます。ファイル名を確認してエンターキーを入力します。 
 +Ctr-X で nano を終了します。 
 +{{ nano2.png }} 
 + 
 +//cc// コマンド(Cコンパイラ)で、ソースファイル hello.c から実行ファイルを作成します。 
 +  cc hello.c 
 + 
 +//cc// コマンドは、何も指定をしないと a.out という名前の実行ファイルを作成します。a.out を実行(./ が必要)。 
 +  ./a.out 
 +  
 +a.out が実行され、Hello World! が出力されました。 
 +{{ helloworld.png }}
  
  • lecture/prog2/wsl2cc.1599725081.txt.gz
  • 最終更新: 2020/09/10 17:04
  • by sano